1. ホーム
  2. 肌のくすみ
  3. ≫肌のくすみが透明感の違いを生み出す。そのためのクレンジング選び。アテニアを使った本音口コミ

肌のくすみが透明感の違いを生み出す。そのためのクレンジング選び。アテニアを使った本音口コミ

Pocket
LINEで送る

クレンジングは、メイクがしっかり落ちている感じがするか。
特にマスカラはしっかり落としたいのでポイントにします。

くすみをなくす1番のポイントはクレンジング

女性の大敵であるくすみがあると年齢よりも老けて見られることが多いと思います。
やはりくすみをなくす一番のポイントはクレンジングではないかと思います。

しっかり毛穴を開かせて、毛穴の中から汚れをかきだすようにじっくり丁寧にクレンジングを心がけています。

また、アイメイクがきちんと落ちていないと、クマや目元のくすみの原因となりより老けて見られるのではと思っているので、アイメイク専用のクレンジングも使うことが大切だなと思います。

くすみはクレンジングも大事ですが、日焼けによってもおきると思うので冬でも変わらず日焼け止めも塗ることが大切だと思っているので気をつけています。

一生くすみのない肌は難しいのかもしれませんが、30歳を過ぎてより肌のくすみからくる老いを気にするようになりました。

その為、少し高くてもいい化粧品を使うようにしています。

ファンデーションなどでくすみはカバーできますが、なるべく素肌でくすみのない肌を目指したいものです。

透明感ある肌を目指すなら、日焼け対策は必須!18歳からするべき

透明感のある肌と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが美白です。

日焼けをしている肌には透明感があるとはなかなか言えないのではないでしょうか。

美白に関しては、18歳くらいの頃から気にしており使う化粧品は美白にいいもの、食べ物や目から入る紫外線も気にしています。

肌の透明感も年齢と共に衰えていくと思うので、美白化粧品を使い念入りにケアすることが大事だと思います。

毛穴に汚れがあると、それだけで透明感が薄れると思うのでしっかりクレンジングをして汚れを落とした肌に、ゆっくり美白効果のある化粧水、乳液、美容液のじゅんで蓋をしてあげるといいと思います。

これこら夏に向けてより紫外線の気になる時期ですが、光が当たってより透明感際立つ肌を目指したいと思います。

透明感のある肌にいい美白化粧品は海外物より、日本物だと考えているので、化粧品は日本製を選ぶようにしています。

歳をとっても透明感のある肌の方を目指して毎日の努力が大切だと思っています。

マツエクが使えるクレンジングオイルが欲しい

クレンジングオイルはベタベタする感じ、洗い残しがある感じがありますが、クリーム、リキッド等のクレンジングの種類の中では一番落ちると思います。

オイルのクレンジングを使うとダブル洗顔は欠かせませんが、それだけしっかり落ちていると思います。

しかししっかり落ちている反面、肌に必要な皮脂まで落としている気がしてより乾燥します。

メイクや毛穴の汚れがしっかり落ちているので、私はメイク落としにクレンジングオイルは欠かせません。

今は手が濡れていても使えるオイルも多く出ているのでお風呂の中でもゆっくり安心して使えます。

ただ、マツエクをしている時にはクレンジングオイルが使えないのでマツエクにも使えるクレンジングオイルがあればいいなと思います。

また角栓もポロポロ落とせるクレンジングオイルがあったらよりすっきりするなと思います。

夏に汗を書いた時でも、さっぱりするので私はこれからもクレンジングオイルを使っていきたいと思います。

アテニアのスキンクリアクレンズオイルを使った本音口コミ

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、試供品で頂いて使ったことがあります。
サラッとした使い心地で初めはきちんど落ちるかなと不安もありましたが、しっかりメイクもすぐ落ちてよかったです。

安いクレンジングのサラッとしたものは量も沢山使わないと落ちないので。

少ない量でしっかり落ちました。

子育て中なので、たまにゆっくりメイクを落とせない時がありますがアテニアのはササッと洗い流してもマスカラまで落ちていてよかったです。

店舗で買おうと思いましたが、やはり値段が少し高く諦めました。

値段の割に量も多くないので。

しかしそれだけいいものなのは、使ってみてわかったので是非使える機会があれば使ってみたいです。

アテニアのクレンジングオイルでゆっくりメイクオフをお風呂のなかでしたいらものです。

アテニアの洗顔、化粧品、乳液までラインで使い、効果を実感したいです。

それかアテニアの妹ブランドの様な物を作って頂いて、もう少し手軽にアテニアのクレンジングオイルを普段使いしたいです。

シェアをお願いします。

Pocket
LINEで送る

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。