1. ホーム
  2. ≫3つのくすみタイプチェックリストとその対策とは!黄ぐすみにオススメのクレンジング

3つのくすみタイプチェックリストとその対策とは!黄ぐすみにオススメのクレンジング

Pocket
LINEで送る

くすみを取ればすっぴん力は上がる!

肌の色がさえない、暗くなったのは「くすみ」のせい

透明感のある美しい素肌は、女性たちの憧れ。

それなのに、素肌がもやっとしていて、冴えない、ちょっと自信が持てない・・・

という人は、肌のくすみが原因かもしれません。

くすみは、30代から40代にかけてほとんどの女性に出てきます。

それは、エイジングケア不足や、肌にとって過酷な環境にさらした状態、間違ったケアなどが原因です。

<主なくすみの3つの原因>
1.肌表面の角層が荒れてしまう
2.血行不良
3.メラニン

この3つが主な原因です。

そのうち何が原因かは個人差がありますが、複数の原因を抱えている人もかなりいます。

今くすんでいるから!といって諦めてはいけません。

スキンケア次第で肌本来の透明感を取り戻すことはできます。

くすみを感じやすい今の季節こそ、スキンケアをしっかりと見直してください。

自分のくすみのタイプを知る

これがまずは重要です。
タイプを知ると、スキンケアの方法がわかります。

そうなってくると、あとは実行するのみ。
タイプがわからないと間違ったままスキンケアを続けてしまので、そうなっては意味がありません。

ゴシゴシ洗ったり、マッサージツールで肌を強く刺激したりする自己流ケアをしていると、かえってくすみがひどくなる、という人も。

まずは、自分のくすみタイプを知りましょう

複数のタイプに当てはまったら、くすみの原因が複数に及んでいる証拠です。

まずは、1番当てはまる項目の多かったタイプのスキンケアから始めましょう。
余裕があれば、他のタイプもやりましょう。

くすみケアは、すなわち肌が陥りがちな弱点を克服するケアです。
くすみが晴れた透明な肌はいきいきとして、若く見られがち。

すっぴんが素敵なので、毎日が楽しくなります。

透明感のある肌は内側からも光っている!?

透明感のある肌

くすみがなく透明感のある肌と透明感のない肌の違いは、ずばり肌に当たる光を内部に取り込めるかどうかです。

角層が乾燥して厚くなったり、メラニンがたまっていたりすると、光を肌内部に取り込めず、表面で跳ね返してしまいます。

しかし、透明感のある肌では光破格そうを通過し、肌の奥で反射して、角層の外へ放たれます。

この光が外に放たれることによって、ふわっと拡散、これが透明感があるように見える正体です。

つまり、透明感の高い肌は「光輝いてる」と表現しますが、実際には内側から光を放っていたからです。

◯透明度の高い肌
角層の状態がよく、光を取り込んで内部で反射し、再び角層の外にふわっと放たれる。

◯透明度の低い肌
感想や不要な角層がたまっていることで光が肌内部に取り込まれず、くすんで見えます。

 

あなたのくすみは何タイプ?3つのタイプチェックリスト

肌のくすみチェック

まずは、自分のくすみのタイプをチェックしましょう。

2個以上当てはまったものが、あなたのくすみのタイプです。

複数当てはまった場合は、より当てはまるものが多いものからケアしましょう。

<角層ぐすみ>
□ なんとなく肌がゴワつく
□ 吹き出物が治りにくい
□ 肌荒れしやすい
□ 洗顔後肌がつっぱる
□ グレーっぽくくすんでいる

<血行不良ぐすみ>
□ 入浴はシャワー派
□ タバコを吸う
□ 目の周りが青っぽい
□ 睡眠時間が短い
□ 青っぽくくすんでいる

<メラニンぐすみ>
□ ほおのあたりがなんとなく黒っぽい
□ 目の周りや小鼻の色が違う
□ 毛穴のまわりが黒っぽい
□ 茶褐色にくすんでいる

角層ぐすみのスキンケア対策とは

角層ぐすみ

乾燥と厚い角層が光を跳ね返してくすませる!

乾燥が進むと肌表面の角層が荒れ、水分不足で不透明になります。

オールインワンではなく、化粧水、乳液、クリームとステップをしっかりとふんで、たっぷり肌にうるおいを送り込みことが大切です。

乾燥による角層ぐすみの人の多くが油分不足です。

20代のころにはオイリー肌だった人も、30代〜40代になれば乳液やクリームが必須です。

また、余分な角層もくすみのもと。
年齢とともに代謝が落ち、角層は厚くなる健康に。

スクラブやクレイ配合の洗顔料、ピーリング化粧水などで定期的に取り除きましょう。

<角層が乾燥した肌>
乾燥によって、もともと半透明の角層が不透明になった状態です。
表面がめくれ上がれば、よりくすんで見えます。

<角層が分厚くなった肌>
ターンオーバーが乱れて、不要な角層が排出され滞った状態です。
肥厚した角層が光を通さずくすんでしまいます。

ちょっとしたコツで肌の透明感が変わる3つの方法とは

1.ケチってはダメ!分量を守るだけで透明感がアップ

朝晩のスキンケアで使う化粧品をケチってはダメです。
適量をしっかりと守るだけで、透明感がアップします。

くすみを解消するには少し多めかな?、と思うぐらいの量でちょうどほく、保湿をしっかりしまそふ。

・化粧水
500円玉大。

コットンを使う場合はこれよりも多めです。
ヒタヒタになるくらい含ませましょう。

・乳液
10円玉大。

コットンを使う場合はこれよりも多めです。

・クリーム
1円玉大。

テクスチャーにもよりますが、このくらいを目安にしましょう。


しっかりなじませる!このひと手間でうるおいMAXに

化粧水、乳液、クリームなど、各ステップでしっかり肌に浸透させることが大事です。

化粧品が肌表面でヌルっとせず、なじませる指が止まるようになるまで入れ込みましょう。

各ステップでハンドプレスを行うと肌がもっちり、ふわっとします。

保湿化粧品は、肌にのばしたら手のひら全体を押し当て、圧力と温度でなじませます。
パンパンはたくとうるおいが飛びやすいので、やってはいけません!

かなりの人が、パンパン叩いているますが・・・


ゴワつきにはスクラブ洗顔をプラス

小鼻や頬など、ゴワつきが気になるところは、スクラブが配合された洗顔料を使って、余分な角層をやさしく落とします。

ただし、オーバーケアはかえってくすみのもとになります。

週1,2回にとどめましょう。

スクラブはしっかり泡立てて、指の腹全体を使ってコロコロ転がすように洗います。
指をそえることで力が抜け、ゴシゴシ洗を防ぐことができます。


<くすみに即効性のあるシートマスクも使って!>

肌のゴワつきが気になったとっきは、シートマスクを使うのも選択肢の一つです。
美容成分がしっかり肌に浸透して、なめらかに整えてくれます。

すると透明感がアップ!

顔につけたままなので、他のこともできるので、手軽です。

血行不良ぐすみで実践すべき2つのケアとは

滞った血流が透けて青っぽくくすんでみえる

これが、血行不良ぐすみです。

エイジングや慢性的な冷えなどが原因で血行は滞ります。

真皮近くまで通っている毛細血管の血流が悪くなり、静脈血の色が濁ると、それが透けてくすんで見えます。

顔全体はもちろん、皮膚が薄い目のまわりは血行不良ぐすみがおこりがちです。

睡眠不足、運動不足も血行不良の原因。
血管を収縮させる喫煙も血行不良を招いてしまいます。

これを解消するにはマッサージや、炭酸の入浴剤などを入れたお風呂にゆっくりつかるのが効果的です。

ビタミンEのサプリメント、ゆずやしょうが入りのお茶や食事によるインナーケアも効果的です。

首のマッサージ

3分間のマッサージでパッと血色がUP!

顔への血流がアップするポイントをマッサージ

顔のマッサージよりも手軽で、パソコンやスマホなどでこりやすい首とわきの2ヶ所をほぐします。

首下から鎖骨にかけての筋肉と、腕の付け根からバストの上部に位置する大胸筋は、猫背の姿勢で硬くなりがちでs.

これをほぐすことで顔への血流もよくなり、くすみが改善します。

<マッサージの方法>

両手を握り、耳下からスタート。
少しずつ位置をずらしながら、鎖骨まで1分ほどプッシュしましょう。

4本の指が平になりょうに握って、第1関節と第2関節の間でマッサージすると効果大です。


外出先でも手のこりほぐし

体が疲れて肌がくすんでいるときは、手もこっているはずです。

末端である手のこりをほぐすことで全身の血行をよくし、顔にも血流を行き渡らせましょう。

親指の下のふくらみを、イタ気持ちいいくらいの力でしっかりともみほぐしましょう。


<顔のマッサージは、マッサージツールを使わない!>

顔をマッサージするときは、強い刺激を入れてはいけません。

美顔器とかマッサージツールを使うとついつい力が入りすぎます。

ゴリゴリやってしまいます。

摩擦でかえってくすみを招いてしまいます。

滑りがよくなるようにマッサージクリームは最低限つけましょう。
手でソフトに行うのがオススメです。


◯血行が悪くくすんだ肌
真皮層にある毛細血管の血流が滞り、血色が悪くなる

メラニンぐすみのスキンケア対策

紫外線メラニン

紫外線によるメラニンや摩擦による炎症でくすむ

シミのもとにもなるメラニン。
これが顔全体に拡散すればくすみになります。

紫外線の影響で過剰なメラニンがつくられるのはもちろん、年齢とともに肌のターンオーバーが送れてメラニンがたまりやすくなります。

また、日々の洗顔などで摩擦すると肌は微弱な炎症状態になり、それが引き金となってメラニンが増えていきます。
くれぐれもスキンケアをするときは、ソフトタッチです。

紫外線から肌を守るため、UVケアは必須です。

美白化粧品の多くは、メラニンの生成を抑える美白成分とともに、炎症を抑える成分も配合してくれるので、メラニンぐすみに効果的です。

◯メラニンでくすんだ肌

メラノサイトでつくられたメラニンが肌の内部にたまり、茶色っぽく暗く見えます。

美白とUVケアでくすみをもとから建つ3つの方法

シートマスクなら美白成分が一気に奥深くまで浸透

美白化粧品にはさまざまな種類がありますが、即効性を求めるならシートマスクを使いましょう。

密封するので成分が奥まで届きやすく、同時にうるおいも送り込めます。

屋外で紫外線をたっぷり浴びた後の緊急ケアにも使えます。


気になるシミ部分はトントンと重ねづけ

くすみとともに気になるシミ。
美白化粧液は顔全体になじませたあと、シミ部分に重ねづけしましょう。

さらに指の腹でかるくトントンとたたくと、浸透しやすくなります。


UVケアは、PA値もチェック

くすみのタイプにかかわらず、日常的なUVケアは不可欠です。
日焼け止めは、色が黒くなるUVBをブロックするSPF値だけでなく、シワやシミの原因となるUVAをブロックするPA表記にも注目しましょう。

紫外線が強くなるこれからの季節、日常では++、レジャーでは+++以上を使いましょう。

肌の5点におちてから伸ばすなど、均一に塗るように、日差しを浴びやすい頬は重ね塗りをしましょう。

忘れてはいけない「黄ぐすみ」にも注意!

アテニアクレンジングオイル

肌がなんとなく黄ばんでいたら、3つのくすみタイプ以外に黄ぐすみの可能性もあります。

黄ぐすみには、たんぱく質が糖と結びつく糖化と、酸化した脂質と結びつくカルボニル化の2つのタイプが。。。

どちらもたんぱく質が黄色っぽくなり、それがくすみとなって現れます。

糖化は、甘いものや炭水化物をたっぷりとっている人に起こりがちです。

糖質オフを心がけることが予防につながります。

カルボニル化は化粧品でもケアできますが、紫外線、大気汚染、ストレスなど脂質酸化の原因を防ぐことも大切です。

◯紫外線を浴びていない肌

紫外線を浴びないと、脂質が酸化しづらく、カルボニル化を起こしません。

◯紫外線を浴びた肌

黄緑はカルボニル化したたんぱく質です。
紫外線を浴びた真皮の上層に多くあります。

黄ぐすみ対策クレンジングを見る

シェアをお願いします。

Pocket
LINEで送る